YouTube3万人突破しました!英会話トレーニングの秘密を公開!

ちぐさ 英語・英会話講師

ちぐさのYouTubeの登録者数が3万人を超えました!
本当にありがとうございます。嬉しいです。

その御礼ではありませんが、英会話トレーニングの秘密を公開しちゃいます。

英語だけでなく、他の学習やトレーニングにも役立つと思いますよ!

私のYouTubeでは、おもにトレーニング方法をお伝えしています。これは私の英会話レッスンも同じ。

お伝えしているのは、英語の正解や解説ではありません。

「●●のときはこう言おう」
「間違った●●の使い方」

みたいなことは、やらない。

せっかく時間を使って私の動画を見てくれた人には、「ふんふん。なるほど〜」で終わって欲しくない。

少しでも英語を話せる人を増やしたいから。

英会話の成長プロセスとポイント

英会話の成長プロセスとポイント

私が英語を話そうとお伝えしているのは、英会話をするには、このプロセスが一番早く楽しく成長できると考えているからです。
実際に話したいことを、英語で話しながら慣れていったり、表現を増やしていったり。

そして、そこに講師がいるか、講師の力量で大きく結果が変わります。
独学では難しい理由もそこ。

海外に住んでいたり、外国人と話すと、最初の判断は伝わったか伝わらなかったかでわかる。
そこから先を自分で考えるか、講師に依頼するか。

「できた」か「できていないか」の判断。
これ、実は凄く難しい。

外国人が日本語をトレーニングして、

「ども、ありがと。」

と言ったときに、どう判断しましょうか。
考えてみましょう。

実は正解がないのです。w

その生徒の状況によって変わります。
たいていの場合は通じるので、全然オッケー。

先に進んで他のことを教えて、日本語で話せる量を増やしていきますかね。

ダメ出しって、凄く簡単なのです。

「違う。どうも、ありがとう。でしょ?言ってみましょう」

たぶん、日本語を話せる人なら誰でもダメ出しできる。

けど、日本語を話せるようにするためには、いまそのダメ出しが必要かどうかを判断して伝えないといけない。

たまにYoutubeのコメントなどでも、「このやり方だと●●じゃないのでダメ!」みたいに言ってくれる方もいます。●●が正解なことも知っていますが、それは今やることじゃない、という判断のもとでお伝えしています。

「ども、ありがと」を「どうも、ありがとう」と言えるために時間を使うのかどうか。

ここが講師の力量です。この考えがある人は凄く少ない。

たとえば、

「お昼ご飯に私の子どもを食べました。」

って言われたら、ダメ出しします。w

先日の記事でもお伝えしましたが、だから日本人講師が中心になってしまいますし、なかなか採用できない。。

レッスンでは、間違っちゃいけないところと、間違っても良いところを判断しながら進めていきます。

「どうも、ありがとう」の「どうも」ってどういう意味ですか?他にどういうときに使いますか?

辞書で調べてみました。

「どうも」の意味。

1 あれこれ考えたり試したりしてもなかなか満足できない気持ちを表す。「何度やってもどうもうまくいかない」「あの判決にはどうも納得できない」

2 物事の原因や理由がはっきりわからない気持ちを表す。「どうも調子がおかしい」「理数系はどうも苦手だ」

3 根拠や理由がはっきりしないまま漠然と推測する気持ちを表す。「明日はどうも雨になりそうだ」「どうも無事らしい」

4 あいさつに用いて、深く感謝したり謝罪したりする気持ちを表す。「どうもありがとう」「どうも失礼しました」

Goo辞書
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/156970/meaning/m0u/

これの4番に該当します。他にも4つ使い方があるので覚えてね!
「どうも」の4つの使い方を覚えよう。
ネイティブが教える、「どうも」の4つの使い方!

って初心者に教えても混乱するだけ。w

日本語を話していて、いろんな「どうも」に出会ってもよくわからないときに必要なら知ればいいだけ。
そもそも、私も「どうも」を教えてもらったことも、習ったこともないし。w

だから下手に解説をしても混乱することは、教えない。
これも講師の判断。

英語が話せる≠英語を教えられる

英語が話せるなら、英語を教えられるということではない。

トレーニングは、トレーニングして、自分自身をきちんと観察する癖がつけば成長に気づく。
「できていないこと」ばかり気にしちゃう人もいるけど、「できた」ことを教えるのも講師の仕事。
そのための作業がフィードバック。

英語が続かないのは楽しくないから。楽しくないのは成長を実感しないから。

英語が続かないって人が多いですが、英会話がしたいのに英語の勉強ばかりしていたり、シチュエーション別のよく使うフレーズの暗記とかしていても成長の実感を感じないと楽しくない。

そのシチュエーションで、暗記したものがでてこないと挫折。
相手から返答があっても、意味がわからないと挫折。

となっちゃいます。

英会話のトレーニングをして、土台ができていると、できなかったことがあっても、上の図にあてはめて、自分がなにをすれば良いのかわかる。

英会話をしていていると、そうやって成長する。
良い講師がいると、そのサイクルが早くなり、楽しく成長する。

「わかる」ではなく、「できる」を増やす。
そのためのレッスンであり、YouTube。

Youtubeのトレーニングは、トレーニング部分なので、無理せず、焦らず、自分に必要なレベルでトライして、できた部分とできなかった部分を考えながら進めていくのがコツです。

いま自分でトレーニングするべきことではないかもしれません。けど、トレーニング方法を知っているだけでも、困ったときに役立ちます。

これからも英会話のトレーニング動画を配信していくので、よろしくお願い致します!

ちぐさのYoutubeはコチラ

チャンネル登録よろしくね!