オンラインスカイプ利用規約

株式会社Nextep(以下「甲」)は、「オンラインスカイプ英会話」でご提供する全てのサービス(以下、「本サービス」)をご利用いただくに際して、ご利用者様(以下、「乙」)に、以下の利用規約(以下、「規約」)のご確認をいただき、記載内容をご承諾の上で本サービスのご利用をお願いいたします。

乙が未成年の場合は、親権者等法定代理人の同意を得ることが必要になります。

第 1 条(利用規約の適用範囲)

利用規約の適用範囲は、甲のウェブサイト(以 下、「サイト」)でご案内するものに加えて、甲が乙に対して電子メール等で発信する情報も含めます。

第 2 条(サービスご利用の手順)

1.レッスンを受けるために必要な設備環境
既に次の(1)~(3)が整っている場合は、その必要はありません。

(1)必要機器の準備(詳しくは、第3条をご参照ください)
(2)通信ソフトウェアスカイプのインストールとスカイプアカウント名取得(詳しくは、第9条
をご参照ください)
(3)インターネットを含む通信環境の機能確認

2.利用開始のための本登録
(1)当社の指定するフォームから情報を正確にご登録ください。
(2)乙からのご登録に対し、甲から、乙に電子メールで受付確認のご通知をいたします。
(3) 受講希望の方全員分の登録が必要となります。
(4) 甲と提携契約をしているスクール生徒様(以下、「提携校生」)も(3)の手続きが必要となります。

第3条(必要機器・ソフト・教材の準備)

1.スカイプの利用
本サービスは、インターネットとスカイプ を使用し、マンツーマンで英会話レッスンを行うものです。
2.マイクとイヤホン
本サービスの利用にあたっては、乙のPC等に内蔵、又は接続されているマイクとイヤホンが必要となります。なお、音質の良いレッスンの為にはヘッドホンセットのご利用をおすすめしております。マイクとイヤホン、ヘッドセットは乙でご用意ください。
3.WEBカメラ
(1) WEBカメラのご利用は乙でご用意ください。
(2) WEBカメラについて、講師側での使用を前提としておりますが、乙側でも通信環境の種類や、その時の通信状態によっては、動画や音声など不安定になることがありますので、あらかじめご了承ください。

第4条(有料プランのお支い)

1.有料プランのお支払い
乙は、甲の販売サイトでご案内している複数のレッスンの有料プランと、決済方法を選択し、ご利用料金のお支払いをお願いします。
2.サービスの開始
クレジット支払いの場合は、直ぐに有料のサービスがご利用になれます。ゆうちょ銀行を含む、銀行からのお支払いの場合は、甲は、乙からの入金を確認させていただいた上で、乙に電子メールによる入金確認のご通知をいたします。乙は、その段階から有料のサービスのご利用ができます。
3.継続のお支払い
継続の場合は、弊社の指定するサイトよりお申し込みできます。

第5条(レッスンについて)

1.レッスンの予約とキャンセル
レッスンの予約は、甲が指定する日から受講するレッスンの24時間前まで、予約サイトから行えます。24時間以内のご予約、キャンセルはできません。

優先予約をお申し込みの方は、一般の方が予約可能になる前、甲が案内する日から予約できます。

乙の事情でレッスンを受けられなかった場合は、乙の事情による当日キャンセルとなります。

2.レッスンへの遅刻
乙の遅刻、パソコンの不調など、乙のご事情によりレッスン開始が遅れた場合、レッスンの延長はできません。10分以上経過した場合は、あいにく乙の事情による当日キャンセルとなります。

3.レッスンの振替
講師の状況、事情により急遽レッスンができない場合、甲はそのレッスンを他の講師に振り替えることがあります。他の講師が見つからない場合など、甲の事情によるレッスン中断、キャンセルは、甲は乙に対し他のレッスンが受講できるように振替します。

第6条(ご登録情報の管理と取扱い)

1.甲による管理
甲は、乙の登録情報を、甲が別途掲載する「プライバシーポリシー」に則って適切に取り扱うものとします。
2.乙による管理
乙は、ご登録いただいた情報を乙の下でも保管・管理するものとします。なお、乙は、自己の登録情報が他者によって不正利用されていることを認知された場合には、直ちに甲にその旨を連絡し、甲と乙が事実関係を共有した上で、公的機関への通知を含め、適切な対応に努めるものとします。
3.登録情報の変更
乙は、登録情報の内容に変更があった場合、すみやかに甲に連絡するものとします。
登録情報の変更がなかったことにより生じた乙の不利益、その他のご負担に関して、甲の責任は発生しないものとします。
4.情報配信
甲は、乙に対して電子メールによる甲のサービスに関するご連絡やご案内、また、サービスに関するアンケート等ができるものとします。

第7条(サービス内容の記録と用途)

1.サービスの記録
甲は、円滑なサービスの提供のために、教材サポートを含む甲がご提供するサービスの内容や、乙からご登録いただく情報や、お問合せの内容などの記録・録音・保管を行うことがあります。
2.記録情報の用途、記録情報は、乙へのサービスご提供の事実の確認、サービスの改善、甲又は乙の不正を判別する必要が生じた場合などに使用します。

第8条(登録の拒否・返金など)

1.登録の拒否・取り消し
甲は、乙が下記事由に該当する場合には、やむなくその登録を拒否し、もしくは登録を取消すことがあります。その場合、お支払いを済ませた金額のご返金ができませんので、ご了承ください。

(1)乙が実在しない場合。
(2)乙の登録情報に、虚偽がある場合。
(3)乙が過去に甲により登録を取り消されている場合。
(4)乙が第 11 条の禁止行為を行った場合。
(5)本サービスの円滑な運営を妨げる恐れがある場合。
(6)上記以外の事由で、甲が乙による本サービスの利用を不適切と判断した場合。

2.返金と退会
1.乙が本サービスの期限を迎え、更新をしなければ自動的に退会となります。
2.お申し込みからレッスン受講してない場合でも会員サイトIDなど発行された時点(お客様が会員情報を入力し送信した時点)で返金できません。それ以前の返金対象の場合は、手数料(税抜3,000円)を差し引いた金額を、乙のご指定する銀行に振込みます。
3.会員期間(受講期間)は会員ID発行から3か月間です。3か月以内の受講されないレッスンに関しては返金できません。

第9条(スカイプの利用)

本サービスは、スカイプを用いてサービスのご提供を行っておりますので、乙はスカイプの利用に関し、下記の事項について予めご確認をお願いします

1.スカイプの利用
乙は、スカイプの機能及び、その利用について、スカイプ の規約または規定に従ってご利用ください。
2.スカイプの準備
乙は、本サービスの利用開始までにスカイプの通話用ソフトウェアなどをダウンロードのうえ、スカイプアカウント名を取得し、予め、その機能や操作方法などをご確認ください。
3.スカイプ利用に伴う障害対応
乙は、スカイプ及び、その利用に必要な携帯、ハードウェアの故障、設定不備および不具合により、サービスが利用できない場合、甲が対応できる範囲ではありませんので、乙によりスカイプサービスとの間で解決してください。
4.スカイプ についてのお問合せ
乙は、スカイプ が提供するサービスに関するお問い合わせなどについても、ご案内させていただいているスカイプ に関する情報もご参考にしていただき、乙により スカイプサービスとの間で解決してください。
5.スカイプ利用に伴うセキュリティ
スカイプ を通じ、講師から送られてきたファイルや URL を開くときは、乙の自己責任で開くものとします。インターネットを経由して講師から送られてきたファイル・URL が原因となってウイルス感染などの損害が発生しないように、乙の責任とご判断で、ウイルス対策ソフトを導入するなどの対策を講じていただくものとし、甲に何らの責任が生じないものといたします。
6.スカイプアカウント名の公開
(1)乙がご登録された スカイプアカウント名はレッスンのご提供を目的として、講師に対して公開されます。
(2)乙がご登録された スカイプアカウント名は、甲が別途規定するプライバシーポリシーに
則り取り扱う個人情報には該当しないものとしま す。
(3)乙は、プライベートで使用する スカイプアカウント名の公開をご希望されない場合は、本サービスを受けるために、別の スカイプアカウント名を取得していただくなどの予防措置をお願いします。

第10 条(サービスの中断・終了)

甲は、本サービスの中断もしくは終了を、事前もしくは事後に、本サイトもしくは電子メールでのご通知をもって行うことがあります。
なお、インターネット環境等の不具合などにより、サービス中断のご連絡が適時にできない場合もありますので、予めご了承ください。また、以下の事由に起因する場合、あいにく本サービスの全部または一部を中断又は終了させていただくことがありま す。
1.天災、火災、停電、その他の非常事態が発生した場合。
2.戦争、内乱、暴動又は、それらに準じる事態が発生した場合。
3.その他、甲が何らかの事由で一時的にサービスの中断を必要とした場合。

第 11 条(禁止事項)

1.禁止行為の種類
乙は、本サービスの利用に際して、以下の行為、またはその恐れがある行為を行わないこと。
(1)乙が本サービスを利用する権利を他者に譲渡、使用、売買すること。
(2)本サービスまたは甲の名誉、信用を失墜・毀損させる行為。
(3)違法行為、公序良俗に反する行為。
(4)虚偽の情報を登録する行為。
(5)本サービス運用を妨げる行為
(6)本サービスに関連して営利を目的とする行為、およびその準備に利用する行為。
(7)他の会員または甲若しくは第三者に不利益、損害を与える行為。
(8)犯罪行為および犯罪行為に結びつく行為。
(9)講師への嫌がらせや、不良行為、レッスンの進行を妨げる
(10)講師の雇用条件やカスタマーサポートセンターの場所、インターネット回線・サーバーなど、甲が一般的に開示していない情報を詮索する行為。
(11)電子メールの送受信を含め、オンライン、オフラインを問わず、乙またはその代理人が講師と個人的に接触しようとする行為。
(12)講師に、甲の競合たりうるサービス・企業での勤務を勧誘する行為。
(13)Online 事務局スタッフへの暴言、またはカスタマーサポート業務を妨げる行為
(14)ひとつのアカウントを複数人で利用する行為。
(15)その他、甲が不適当と判断する行為。

2.禁止行為への対応
乙が前項に定める行為を行った場合、甲は、乙の登録を取り消すと共に、甲が何らかの損害を被った場合は、やむなく損害賠償、その他の必要な処置をとることがあります。

第 12 条(賠償責任の制限免責事項)

1.免責事項
乙は、下記の事項に起因または関連して生じた一切の損害について、甲が賠償責任を負わないことにご同意ください 。
(1)本サービスを利用したこと、または利用ができなかったこと。
(2)乙の送信やデータへの不正アクセスや不正な改変がなされたこと。
(3)本サービス中の第三者による発言、送信や行為。
(4)本サービスの学習効果等。
(5)乙がサポート中に伝えた情報に起因するあらゆる損害。
(6)国内外の政治情勢・自然災害等、甲の責任によらない事由で本サービスを中断した場合。
(7) 急激な生徒数の増加で、提供レッスン数が一時的に不足している状況。
(8)希望する時間帯のレッスンが予約できない状況。
(9)特定の講師のレッスンが予約できない状況。
(10)講師在住先での停電・通信障害発生などによりレッスンを中止せざるを得ない状況。

2.連絡手段
本サービスに関する甲から乙への主な連絡手段 は、電子メールでの通知、または本サイト内への掲載とし、乙は甲からの電子メールを受信して、または本サイトに掲載される情報をご確認していただくことを前提とします。乙がご確認できなかったことにより生じる乙の不利益について、乙 は、甲に責任を求めません。

3.サービス利用に伴う損害
乙は、乙が本サービス利用時にコンピュータウィルス感染等により発生した損害と、本サービスに使用するソフトや配信ファイルによって発生したいかなる損害も、甲に賠償する責任が無いことにご同意ください。

4.サービスの不具合
本サービスを提供するために、甲が起用するプロバイダー、サーバー、クラウドサービスなどのサービス提供先企業が提供するサービスの不具合等により、本サービスが利用できなかった場合、また、不正アクセスによるデータの改変等、第三者による行為に起因する場合、甲に賠償する責任を求めません。

第 13 条(著作権および所有権)

本サービスに関する教材テキストおよび記載等についての著作権、所有権は全て甲に帰属します。
これらを乙が甲に無断で使用しないこと。

第 14 条(準拠法および専属的合意管轄裁判所)

本規約の準拠法は日本法とします。また、本サービスのご利用に関するすべての紛争については、甲の本店所在地を管轄する裁判所をもって第一審における専属管轄裁判所とします。

第 15 条(規約の変更)

甲は乙の承諾を得ることなく、本規約の変更(改定、変更、追加を含む)ができるものとします。また、変更後の規約は、本サイトに掲載した時から効力を生じるものとします。