ホントに怖い英語業界の闇!英語が話せなかったのはあなたのせいじゃない

ホントに怖い英語業界の闇!英語が話せなかったのはあなたのせいじゃない

ネガティブな話なので、書こうかどうかずっと迷っていたのですが、最近あまりにも酷いし、それで自信を無くしてしまい、英語を諦めてしまう人も多いので書くことにしました。

ネガティブな話は苦手という人はスルーしてください。

英語の誇大広告、怪しいサービス、詐欺みたいなものが多すぎる問題です。

プラスワン英語法の受講生が1000人を超え、直接お会いするセミナーレッスンの参加者もトータルで840人を超え、無料レッスン受講者は4万人を超え、LINEで相談を受けることも多いです。

セミナーレッスンあとの懇親会でもよく話題になるネタです。

ちょうど昨日も無料レッスンにこんなLINEが届きました。

英語業界の闇 詐欺

追記 この記事を配信後に、こんな連絡もきました。

英語業界の闇

今日の記事を読んで

私も残念ながらいくつも誇大広告に引っかかりました•••

TOEIC満点の先生が作った講座で、

色んなシチュエーションの会話を毎日音声を真似しているうちに発音も良くなるし(なりませんでした)、

リスニングも良くなるし(当然全く上達感じられず)、

よく使う表現が口をついて出て来る(その通りの言葉はそれなりに覚えましたが、瞬時にその場面に合った文を構築出来ません•••)

課題提出は練習した後の音声を送れというもの(「スラスラと話せていますね」とフィードバックを貰っても実際は英語話せないから違和感しかない)

•••といった内容でした。

入ってみてから、勧誘時のビフォアフターのアフター動画は講座で暗唱するまで練習した内容を話しているにすぎず、それを「こんなにペラペラになりました!」と紹介していました。

でも1番がっかりしたのが、入る時に「あなたが英語ペラペラになるまでにもう他の教材を買うことは絶対にありません。あなたが話せるようになるまで責任持って面倒みます」と言っていたのに講座が終了しないうちに提携している(?)先生の講座を果敢に勧めてきたことです。それまで信じて言われた通りに凄く努力して勉強してきましたがさすがにやる気がガクッと失せました。

受講者セミナーにも一度だけ出てみましたが、「誰でも確実にペラペラになります」と何度も断言していた講座なのに受講者の方々あまり話せず、会話中に知らない単語をすぐスマホで調べている始末。(講座の中で先生がスマホで知らない単語はスマホで調べろといつも言ってるので受講者は言い換えたりして知ってるボキャブラリーで切り抜ける能力がついていないのです)

で、セミナー終了後に勧誘用動画を撮らせてくれる人募ってました。

もう2度とあのセミナーに行くことはないでしょう•••

自分で決めて受講したのでペラペラにならなかったら返金しますとなってましたが返金は求めません。

他にもいくつも勧誘文句に騙され受講しましたがどれもこれも•••です。

そんなことを色々経験した後なので、本当を言うとプラスワン英語法も最初は受講するつもりもなく情報収集程度に無料動画を見ていたのですが、ちぐさ先生の教育に対する考えを語っていた動画を見て急に興味が湧いてきて受講しました。

ちゃんと「話す」トレーニングをさせるプラスワン英語法は斬新でした。色んな「ペラペラになる」「一生~に困ることはなくなる」系講座に散々踊らされましたが、今度こそ絶対英語を諦めないと決めているのでどんなに苦痛でも挫折しませんが、プラスワンでトレーニングして英語が楽しくなり、もはや「学習」ではなく「趣味(それ以上)」になりました。60日完走した今は御社のスカイプを受講しておりますが、他にも御社の色んなサービスをどのタイミングで受けようかとワクワクしながら英語学習続けています。

今後共宜しくお願い致します。

長文失礼致しました。

英語業界の闇

TOEIC満点の先生が作った…
ってやつ!
今、まさに今!NOW‼︎
やってる?ヤツかも…。

プラスワンを知るほんの1ヶ月くらい前に今度こそ!と思って申し込んだんです…。
けど、内容も分からない英語のシチュエーションをただただひたすら反復すると言うモノなんですが、なにせ内容が分からないから全然頭に入ってこない…(-_-)
旦那にナイショの受講だから、それでもコツコツ出来る時にやってたんですが、音声提出課題も結局は展開されるスクリプトを読んで…
で、スラスラと言えてますね!ってフィードバックが来る…
でしょうね…って(苦笑)

ヤバイ!ナイショで高い金払ったのに、全然出来るようにならない
(><)
って思ってた矢先にプラスワンに出会いました。

初めはメッチャ迷いました。
ここでまた始めて良いのだろうか…。一応まだ継続中だしな…って。
ただ、全然出来るようになる気がしない…。
ちぐさ先生の教育に対する姿勢とか、無料レッスンを受けて自分で考えて言葉にするポップアップの大切さとか、前の受講があったからこそやっぱり丸暗記するだけのモノでは実際に話せるようにはならないし、分からない英語はどれだけ聞いても分からない。反復するなんてムリ!と気づけたから、ほんと〜に今度こそ!と思いプラスワンに申し込みました。
なので、これでダメならもう諦める覚悟でおります。
旦那にナイショなので、なかなか思うように練習とか課題提出は出来ませんが、頑張ります。

それより何より、ちぐさ先生の講座楽しいです☆
まだまだ始めたばかりですが、今度こそ頑張ります。

以上、決意表明でした。

プラスワン英語法にたどり着くまでに、いろんな英語サービスを利用した方がいらっしゃいます。

プラスワン英語法に満足してくれた方の意見なので、全てが本当かどうかはわかりませんし、特定の教材名を言うつもりはありません。

ただ、あまりにも酷いケースを良く聞きますし、詐欺かどうかの判断は私にはできませんが、意図的に酷いことをしているので、後ろめたさからか然るべきルートで対応すると、あっさり返金された受講生も少なくありません。

少なくない時間やお金を使って、英語を話せなかった人。自信を失わずに、英語を諦める人が少なくなればいいなと思います。

英語商材の誇大広告、怪しいサービスが多すぎる問題

‭●●しているだけでペラペラ。
●万人が上達。
完走率●%。
全員上達。
TOEIC●点が●点に!
●●で●●万円稼げました!

いま、英語教材の広告では、こういう言葉が飛び交っています。

ビフォーアフターでも、全然話せなかった人がペラペラになって話す動画が紹介されています。

はっきり言うと、根拠がない嘘がほとんどだと思います。

そう書いておくと売れるから書いているだけです。
ビフォーアフターは台本と演技だったりします。

プロフィールや名前までも嘘が混ざっていたりします。

お金を貰ったりして出演しています。

返金保証だからノーリスクだといってたのに、返金をお願いしたら、あなたの努力が足りないと言われた。

こういう手法は怪しいビジネスで多用されるものらしく、NHKのクローズアップ現代のこちらの記事が参考になります。

追跡!“フェイク”ネット広告の闇

怪しいビジネスをやっていた人が、英会話という教材で同じことをやっているケースが増えています。

私のところにもこんなメールが届いたことが、何度かありますが、調べたら怪しい業者だったので無視しました。

英語教材つくりませんか

この業者からも、いくつかの英語教材が出ていますが、誇大広告だらけでした。

さっきの記事と同じですよね。

挙句のはてには、子どもをネタにして広告してたり、有名人が絶賛!とか書いていたり、有名学校が実証とか書いていたり。

いろいろとアピールするけど、英語の学習方法はDVDや動画を見るだけだったり、動画みて真似するだけとか、フレーズ暗記するみたいなレベルの教材ばかり。

こういうサービスは手間がかからないんですよね。
フィードバックをするにしても、フレーズ暗記のフィードバックなんて簡単。

広告では●●するだけと言いながら、実際には暗記させられたり。広告で言っていることと、実際のレッスンが違うことも多い。

とにかく売ることしか考えていない。

会社もできたばかりだったり、住所がバーチャルオフィスだったり、いろんな会社が入っているビルだったり。

売るためだけの会社なので、売れなくなったら会社を潰すだけです。

検索しても表示されにくいような仕組みにしたりもしているようです。

特商法のページはきちんと確認しましょう。

さすがに●●(←英語関連の仕事)になったら年収●万円みたいなものまで出てきているみたいなので、さすがに酷いと思って記事にしました。

詐欺なの?ネットでは評判が良さそうだったけど?

その記事のほとんどが、広告です。

さきほどのクローズアップ現在記事でも記載がありますが、アフィリエイトという仕組みがあり、その記事からそのサービスを使うと、広告収入が入ります。
だから、嘘を書いてサービスに登録して貰うのです。

運営会社が依頼して記事を書いてもらっているところ、運営会社自ら書いているところもあります。

徹底比較とか、ランキングとかって記事の多くも広告です。

「●●って詐欺?ホントに効果ある?徹底検証!」

みたいタイトルも、たとえば「プラスワン英語法 詐欺」で検索したときに、検索結果に表示されるようにしているらしいです。

私も聞いてびっくりしすぎました。
その力をなんでサービスに注がないのか。。

広告代理店がその記事を作っているところもあるようです。

私はそういうのが大嫌いなのでぜーーーーーったいにやりませんが、そういう嘘記事媒体に掲載されたことがあります。

その記事には、「プラスワン英語法はあまり効果が見込めない。効果が見込めるのはこちらのサービス!」って他のサービスに誘導していました。笑

まんまとその広告の餌に使われました。笑

また、英語関係のメルマガから、他のそういうサービスに誘導する人たちも増えています。

メルマガ配信者は、紹介したサービスが登録されたら、紹介したメルマガにお金が入るので、褒めるて紹介する。

お金のために、どんなサービスでも紹介する。
信じられません。

それって本当なの??

私もそこまで酷いと思わなかったので、詳しい人に聞きました。

判断するのは簡単みたいです。

パソコンだとわかりやすいのですが、広告記事の場合はアフィリエイトという仕組みなので、URLが違います。

例えば、プラスワン英語法だと、URLはこちら。

https://plus1english.com/

パソコンだと、クリックせずにマウスをあてると、リンク先のURLが表示されるので確認できます。「プラスワン英語法特設サイトはこちら」にマウスを当てると、ブラウザ(この場合はchrome)の左下にURLが表示されます。

プラスワン英語法

plus1english.comなので同じですよね!

広告の場合は、アフィリエイトを測定するためのURLでないといけないので、ドメインが変わります。

ドメインとは、plus1english.com 部分。

一度、アフィリエイトのシステムにアクセスしてから、実際のページが表示される仕組みみたいです。

http://abc.com → https://plus1english.com と知らない間に移動します。

そういうのを買ってしまったら、どうすればいいの?

然るべき機関に通報、相談してください。

消費者庁 景品表示法違反被疑情報提供フォーム

国民生活センター

それから業者さんと交渉しても良いと思います。

返金を頼んでも対応されなかったのに、国民生活センターに通報済みというと、スムーズに対応されたという話も聞きます。

広告に根拠がなかったり、誇大広告、優良誤認があれば返金される可能性が高いので、広告や商品ページのURLや画面キャプチャ(スクリーンショット)をとっておきましょう。

ちなみに英会話サービスは、特定継続的役務提供という法律があるので、2ヶ月以上で5万円以上のサービスは、書面による契約が必要ですし、クーリングオフの対象です。

2ヶ月以上5万円以上の英会話サービスは、書面による契約がなければ違法です。

誇大広告ならJAROに通報するのも良いと思います。

JARO

いまは集団訴訟のサイトもあります。

集団訴訟プラットフォーム enjin

そういうサービスは訴訟されないように、20〜30万円など微妙な高額にしているケースが多いようです。

1人で訴訟は大変ですが、集団なら負担が減ります。

最後に

ネガティブな内容でごめんなさい。

悲しいのが、これが現実です。私はどれだけ彼らがキャリアや実績があろうが講師とは認めませんが、英語業界に関わるものとして申し訳なく思います。

先日、有名な英語の先生からFacebookの友だち申請がありましたが、誇大広告をされているのを知っていたので申請を削除しました。

お付き合いをしてしまって、あとから問題があるとわかったらお付き合いを解消します。

生徒のことを真剣に考える人とは、知名度が無くてもお付き合いしていますし、先日の大阪のセミナーレッスンにも現役の学校の先生が来てくれました。

一つだけお伝えしたいのは、

英語教材を購入して、英語が話せないなら、英語教材の責任です。

あなたの記憶力などの能力や知識、努力は関係ありません。

購入前にその教材の判断ができないのも、当たり前です。私も知らなかったことがほとんどでした。

その教材で話せるようになったって人は嘘だったかもしれない。

だから、自信を喪失しないで欲しいのです。

英語は楽しく話せるようになるし、英語を話せると世界は広がります。

それでも英語を話したい!って方は気軽にご相談ください。